img_02

FX業者の信託保全とは

大きな銀行でも倒産するということがないとは言い切れませんし、それはFX業者によっても同様のことが言えます。

FXでトレードをしている人の中にはかなりの金額の資産を口座に入金している場合もあります。



ですから、そのような状況でもしFX業者が破たんしてしまったら自分の資産はどうなってしまうのかということが問題点として挙げることができます。

そこで、最近ではFXを取り扱っている業者に対しては、信託保全という保全管理が義務づけられたことにより、投資家の資産が保護されるようになりました。


信託保全の仕組みとしては、投資家が入金したお金は、FX会社から信託契約している信託銀行にいきます。

さらに信託先の銀行にきちんとお金がいきわたっているかということを第三者である信託管理人がチェックするという仕組みになっています。



このような仕組みができたことにより、預けている自分の資金については、たとえ業者が倒産してしまったとしても債権者が強制執行や仮差押えといった法的手続きを行うことはできないので、きちんと投資家のもとに資金は返金されるということになります。



これまでは、業者に入金したのに返金されなかったというケースもありましたが、これからはそういったトラブルもなくなっていくものと考えられます。


ただし、これから口座を開設するのであれば、口座を開設しようと考えている業者が信託保全を行っているのかということは確認しておく必要があります。